プロフィール

ORIKE

ORIKE
全国のこだわりのカーテン屋6社でカーテンの勉強会をして情報発信しています。

織物研究会
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
フラットカーテンのピッチキープコード
大阪のカーテン夢工房です。

フラットカーテンの施工例のご紹介です。

フラットカーテンと言えば、文字通りならばヒダがなく、1枚の生地という感じ
なんですが、それじゃあまりにもつまらないので、レールに対して1.3倍や1.5倍の
大きさに作って、自然とウエーブがでるようにします。

しかし、この場合、カーテンを閉じたら、先頭が引っぱられて
きれいなウエーブになりません。

そこで、当店ではウエーブをきれいに出すためにピッチキープコードと
いうものを使っています。

フラットカーテン2


こういう商品もあるのですが、当店では、タテ型ブラインドの裾に
使うスペーサーコードで代用します。

1.3倍使いにする時は、フックの差し込み間隔を13センチにして、
100ミリ巾用のバーチカルブラインドのスペーサーコードを使います。

スペーサーコードは、フラットカーテンの表側にふくれる部分にだけ
使うのがポイントです。

レールもトーソーならば、ニューデラックやネクスティのランナーが
360度回転するものを使うときれいにいきます。

フラットカーテン1



フラットカーテン3


フラットカーテンに関しましては、カーテン夢工房のブログ
カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記」の
フラットカーテン」のところをご覧ください。

関連記事
スポンサーサイト


大阪 | 【2011-10-14(Fri) 21:08:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。