プロフィール

ORIKE

ORIKE
全国のこだわりのカーテン屋6社でカーテンの勉強会をして情報発信しています。

織物研究会
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ドレープ(厚手)のシェードとレースの組み合わせ
大阪のカーテン夢工房です。

マンションのリビングの幅450センチの窓にドレープ(厚手カーテン)でシェードと
レースの2倍使い両開きでで取り付けました。

昔はドレープが室内側で、レースがガラス側というのが常識とされていたのですが、
ここ数年はフロントレースといったレースを室内側に吊るスタイルも流行って
います。

特に、シェードとふつうのカーテンとの組み合わせでは、ふつうのカーテンを
室内側につけるケースもよくあります。

私はどちらかというと、ドレープのシェードとレース2倍使い両開きの
場合は、レースを室内側にすることをオススメしてます。

今回もその提案をしたのですが、お客様の要望で、ドレープのシェードが
手前(室内側)でレースがガラス側になりました。

生地は、ドレープはマナのパラレル1、レースはマナのバーチ9465です。

施工写真をご覧下さい。

CIMG2024.jpg


上の写真はドレープを全閉したところです。
幅4.5mありまして、1枚のフラットな生地になります。

CIMG2026.jpg

CIMG2028.jpg

ドレープを全部あげたところです。


CIMG2029.jpg


新築マンションでレールが初めからついています。

レース用のレールもボックスいっぱいありますので、一番端までいかないように
後入れストッパーをいれて留めています。

CIMG2032.jpg
端から1つ手前にストッパーを入れる。

CIMG2031.jpg


そうすると横からみてもレースが覗きません。
関連記事
スポンサーサイト


大阪 | 【2011-12-24(Sat) 18:50:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。