プロフィール

ORIKE

ORIKE
全国のこだわりのカーテン屋6社でカーテンの勉強会をして情報発信しています。

織物研究会
最近の記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
形態安定加工について
大阪市内と兵庫県西宮市でオーダーカーテン専門店をしていますカーテン夢工房の小嶋です。

最近、形態安定加工の依頼がひじょうに多くなってきました。
形態安定加工はワイシャツなどでよく使われているのでだいたいご存じだと思いますが、ポリエステル素材の持つ熱可塑性を利用して半永久的に携帯安定性を持続する加工です。ポリエステルの熱可塑性とは、ポリエステルに一定の温度(110℃~130℃ぐらい)を与えると、そのときの形態を記憶し、常温に戻したときも与えた形を維持します。この特性を利用してヒダやプリーツを生地に覚え込ませ、カーテンを縫製します。

形態b安定加工比較

写真は同じ生地の色違いで右は普通の縫製で、左は形態安定加工したものです。1年間経過した状態です。

これを最初にこの業界に紹介したのはセルコンでファンタスプリーツという名前です。すごく美しかったんですが、セルコン1社しか取り扱いをしておらず、セルコンファンの業者しか勧めなかったため、あまり消費者には浸透しませんでした。熱烈なファンがいたのも事実です。

私もこれを自社の加工所でできないものかと考えておりました。 4年程前にイズミヤのカーテン売り場で中国製の既製カーテンが形態安定加工されて、2980円で販売されているのを見て、おおきなショックを感じました。今まで既製カーテンなんて縫製がよくないしと思っていたのですが、それが形態安定加工がされていると綺麗なんです。

これをオーダーで普通の縫製をしていたら駄目だと思い、国内でオーダーカーテンで独自に形態安定加工してくれるところを探すことに躍起になり、当店では2年半前から、本格的真空窯で形態安定加工をしております。真空窯



同時期にサンゲツがパーマネントプリーツという名前で、形態安定加工をやり始めてから世の中に浸透しました。
各社独自の名前を付けており、各メーカーの営業マンは自社のことしか知らないため、後日各社の違い、特徴について述べます。

ちなみにカワシマ→ナチュラルウェービー
アスワン→リウェーブ
東リ→プリーツ加工
リリカラ→エレガンスプリーツ
シンコール→エバーカーテン 訳わからん名前で最近名前がかわりましたが、その名前もわからん。

その他、今やほとんどメーカーが形態安定加工を独自の名前をつけておりますが、名前はとても覚えられません。当店では一般名詞として、「形態安定加工」としています。

只今、ブログランキングに参戦中です。



FC2ブログランキング


にほんブログ村 インテリアブログへ


人気blogランキングへ
関連記事
スポンサーサイト


大阪 | 【2006-02-26(Sun) 11:10:25】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する